郡山で住宅全焼、1遺体を発見 76歳男性か?住宅内部から出火

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 18日午後6時15分ごろ、郡山市、会社員、男性(60)方から出火、木造2階建ての住宅を全焼した。焼け跡からは1人の遺体が見つかった。郡山北署は、出火当時家にいた義父(76)と連絡が取れていないことから、遺体は義父とみて身元の確認を急いでいる。

 同署などによると、60歳男性は5人暮らし。同署は、住宅の内部から出火したとみて、原因を調べている。

 現場は同市北部の住宅などが点在する農村地帯。現場の近くに住む女性は「火の勢いが強く、近くの道路まで熱気が来ていて怖かった。家の人とは、まだ会っていない」と話した。