住居侵入疑いで42歳福島県職員を逮捕 20代女性のアパート侵入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 南相馬署は18日午前8時10分、住居侵入の疑いで福島市、県職員の容疑者男(42)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、南相馬市の20代女性のアパートの部屋に侵入した疑い。同署は容疑者の認否について明らかにしていない。

 同署によると、17日夜に女性から「部屋の中の物が移動されている」と同署に相談の電話があり、同署員が18日早朝から女性のアパート付近を警戒していたところ、容疑者が女性のアパートの玄関から侵入したという。

 事件当時、アパートに女性はいなかった。同署は侵入の方法や目的などを調べている。

 事件当日の18日は福島市の自宅から南相馬市に通い、出勤前に女性のアパートに侵入したとみられる。勤務態度は真面目で、職場や家庭でのトラブルはなかったという。今年に入ってからの県職員の逮捕者は3人目。