福島県では同意がなく366人「不妊手術」か 旧優生保護法問題

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 旧優生保護法(1948~96年)の下、知的障害などを理由に本人の同意がなく不妊手術が繰り返された問題で、県内では少なくとも1953(昭和28)~80年度に手術が行われ、手術を受けた人数は366人に上るとみられることが21日、県への取材で分かった。

 県によると、旧優生保護法に関する不妊手術の件数が県の衛生年報にまとめらていた。人数は国に報告していたという。ただ、旧厚生省の衛生年報では手術を受けた県民数は378人となっていて、県は数字の違いについて「理由は分からない」としている。

 また、県にはこの衛生年報以外にも、県の優生審査会が「不妊手術が必要」と判断した120人分の資料があり、個人名が記されている。120人が実際に手術されたかどうかや、衛生年報の366人との関連は不明としている。