福島県からハンズオン支援3件 商品開発や販路開拓など後押し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 復興庁は21日までに、被災地の企業向けのハンズオン支援事業について、本年度の支援対象を発表した。

 福島県から3件が選ばれた。民間企業から国に出向した職員が被災地の商工団体や個別企業を訪問し、商品開発や販路開拓を後押しする。

 福島県の採択事業次の通り。

 ▽グループ=いわき地区商工会広域連携協議会(いわき市)「被災地産品の販路拡大支援」、福島市観光コンベンション協会(福島市)「訪日外国人観光客おもてなし人材育成」

 ▽個社=ふくしま農家の夢ワイン(二本松市)「地元産ワインの販売促進事業」