応急手当の不安に寄り添う カード運用で居合わせた人サポート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
運用される「バイスタンダーサポートカード」

 いわき市消防本部は6月1日から、負傷者や急病人の応急手当てに対する不安解消を図るため、県内で初めて「バイスタンダーサポートカード」の運用を始める。

 負傷者や急病人が出た際、救急隊到着までの間、救急現場に居合わせた人(バイスタンダー)による応急手当てが人命救助にとって大きな鍵となる。

 市消防本部は6月までに、市保健所とも連携して感染症や手当て後の精神的ショックなど、応急手当てに携わった人が感じる不安を和らげるサポート体制を構築する。

 カードには、対応窓口となる市消防本部の連絡先を感謝のメッセージとともに記載。駆け付けた救急隊員が応急手当ての対応者に渡し、サポートの窓口などを発信していく考えだ。バイスタンダーの勇気に寄り添う一枚として期待される。