がん検査に先進医療システム導入 東北初、会津若松の病院

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
検査の手順を確認する細井科長(右)

 会津若松市の竹田綜合病院は前立腺がんを発見するための検査(針生検)で、磁気共鳴画像装置(MRI)と超音波診断装置を組み合わせ、がんの疑いのある部位(ROI)を的確に把握する先進医療システムを導入した。

 同病院によると、新たなシステムにより、より正確な診断や患者の負担軽減が期待できるという。

 導入したのは、タカイ医科工業(東京都)が提供する医療機器「BioJet(バイオジェット)」。東北地方での導入は初めて。

 針生検は、前立腺に針を刺して組織を採取するもので、新システムではMRIによる画像に、医師が手動で前立腺やROIの輪郭をマーキング。超音波診断装置がリアルタイムで撮影する画像を合わせて、ROIを正確に把握した上で、針で組織を採取する。

 これまでも超音波画像を見ながら針生検を行っていたが、新しいシステムでは、MRIで分かったROIの位置を超音波画像に重ねることができるため、ROIを正確に狙って組織を採取できるだけでなく、過剰な針生検を防ぐこともできるという。

 同病院診療部泌尿器科の細井隆之科長は「先進的な医療技術で診断を確実にし、患者のさらなる負担軽減も実現していきたい」と話した。