作業中に散布機の下敷き 福島の果樹畑で62歳男性死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 22日午前7時ごろ、福島市在庭坂の果樹畑で、「男性が農薬散布機にひかれ、倒れている」と、近所の住民から119番通報があった。

 畑を所有する同市在庭坂、農業の男性(62)が倒れており、間もなく死亡が確認された。

 福島署によると、死因は胸部圧迫による窒息という。

 男性は果樹の農薬散布中に運手席から車外に放り出され、動いていた散布機の下敷きになったとみられる。

 散布機は樹木に衝突しており、同署が詳しい原因を調べている。