玄葉光一郎氏、在職25年表彰 衆院で首相含む13人に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大島衆院議長から表彰を受ける玄葉氏(中央)。右は妻美樹子さん=22日午後、国会

 衆院は22日の本会議で、安倍晋三首相ら13人を永年在職25年で表彰した。福島県から衆院会派「無所属の会」の玄葉光一郎元外相(福島3区)が表彰を受けた。本県関係では1994(平成6)年に渡部恒三元衆院副議長が表彰されて以来。

 ほかは、自民党の岸田文雄政調会長、茂木敏充経済再生担当相、国民民主党の前原誠司元外相、共産党の志位和夫委員長、自民党の林幹雄幹事長代理、山本公一前環境相、鴨下一郎元環境相、塩崎恭久前厚生労働相、浜田靖一元防衛相、野田聖子総務相、共産党の穀田恵二国対委員長。

 本会議終了後、大島理森衆院議長が一人一人に表彰状を手渡し、握手を交わした。

 立憲民主党の枝野幸男代表、公明党の石井啓一国土交通相、斉藤鉄夫幹事長代行も対象だったが、辞退した。

 枝野氏は「長くやったから偉いとは思わない」と記者団に説明。公明党議員は毎回、辞退している。表彰直前、茂木氏に対する野党提出の不信任決議案が採決されたため、茂木氏が一時議場を出て、モーニングに着替える一幕もあった。