国道6号で大型バス衝突、72歳男性重体 信号無視か運転手逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 23日午前9時45分ごろ、いわき市の国道6号の交差点で、回送中の大型バスが道路を横断中の自転車と交差点に進入した軽トラックに相次いで衝突した。軽トラックを運転していた同市、職業不詳、男性(72)が頭や胸などを強く打ち意識不明の重体、自転車の同市、薬局経営、男性(84)も頭を強く打って重傷を負った。

 いわき中央署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、このバスを運転していた容疑者男(61)=同市=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、交差点に進入する際、72歳男性の軽トラックと84歳男性の自転車にぶつかり、2人にけがをさせた疑い。現場は十字路交差点で、同署によると容疑者は「考え事をしていた」と話しており、赤信号を見落として交差点に進入したとみて調べている。

 バスの運行会社によると、容疑者は同日午前4時ごろに同市の車庫からバスを発進。乗客を乗せて富岡町に送り届けた後、車庫に戻る途中だった。月に9~10日の休日を取得しており、2月の健康診断でも異常はなかったという。