福島県勢初、大内さんが準V カネボウ化粧品・接客全国大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 店頭で化粧品の説明などをするカネボウ化粧品の「ビューティーカウンセラー」が接客技術を競う「第3回トータルビューティカウンセリングアワード カウンセリングコンテスト全国大会」で、福島県福島市のドラッグストアに勤務する大内和香子さん(31)が準優勝に輝いた。同大会で本県関係者が入賞するのは初めてという。

 東京都内で22日に開かれた大会には、東北地区代表の大内さんをはじめ全国8地区の代表16人が出場。もてなしや身だしなみ、会話力、提案力などの接客技術を競った。大内さんは「賞をいただき、勇気が湧いた。後輩たちにおもてなしの心を伝えていきたい」と話した。