加工食品の開発、販路拡大へ 福島で産業創出研究会初会合

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地域産業の活性化に向けて話し合う出席者

 地域産業のさらなる活性化に向け、福島市は22日、同市のコラッセふくしまで産学官や農商工連携の新組織「食品加工産業創出研究会」の初会合を開き、関係団体を代表する出席者が意見を交わした。

 同市産の質の高い農産品を活用した加工食品の開発、販路拡大に取り組む。市内の農産物を活用した食品加工と流通の現状と課題の把握、売れる商品や土産、既存商品の磨き上げなどに取り組んでいく。

 木幡浩市長のあいさつに続き、協議に入った。出席者は取り組んでいる事業、食品加工や6次化への思いなどを発表し、今後のテーマや課題を探った。研究会は今後、意見交換会や先進地視察を実施していく。