トラック追突、男性死亡 福島・東北道、トンネル工事で渋滞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 24日午後0時55分ごろ、福島市山田字谷地の東北道上り線で、千葉県佐倉市、会社員、男性(57)の小型トラックと郡山市、会社員、男性(71)の大型トラックが衝突した。57歳男性は胸を強く打ち、間もなく死亡した。71歳男性は首に軽傷。県警高速隊が原因を調べている。

 同隊によると、渋滞で時速10キロほどの低速で走行中だった大型トラックに小型トラックが追突したという。

 現場から南に約3キロの福島トンネル内で補修工事を実施中で、トンネル手前から片側1車線に通行規制していたため渋滞が発生していた。2人は業務中だった。

 現場は見通しの良いほぼ直線で福島西インターチェンジ(IC)から南に約3キロ。二本松―福島西IC間上り線は2時間15分にわたり通行止めになった。