子宮体がんで腹腔鏡下手術 福島医大病院、保険診療認定後初めて

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島医大は24日、同大病院が4月に子宮体がん(子宮内膜がん)の腹腔鏡下手術を保険診療で行える認定施設となって初めての手術を14日に実施したと発表した。

 同大によると、東北では2例目の認定施設。子宮体がんの開腹手術では15~20センチの傷痕が残るが、腹腔鏡下手術では腹部に5~12ミリほどの穴を4~5カ所開け、小型カメラや手術器具を入れて映像モニターを見ながら病巣などを切除するため小さな傷痕で済む。

 出血量や痛みが少ないだけでなく、腸の癒着や感染などの合併症が少なく、入院期間が開腹手術より短く、術後の回復も早いといった利点がある。

 2014(平成26)年から一部の子宮体がんの腹腔鏡下手術が保険適用になり、福島医大病院が東北大病院に続き東北2例目の認定施設となった。福島医大のふくしま子ども・女性医療支援センターと産科婦人科学講座が中心となって準備を進めてきた。