粘着テープで「アート」 いわきの製造会社、咲き競う花を表現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
粘着テープで制作した作品と手掛ける古藤工業の女性メンバー

 粘着テープ製造を手掛ける福島県いわき市の古藤工業の女性社員6人が粘着テープを使ったアート作品の制作に取り組んでいる。

 同社が製造するカラー粘着テープ「ガムテ」の新しい活用法を見いだそうと、社内プロジェクトとしてスタートした。各部署から選ばれた女性社員6人が休憩時間などを利用して制作に汗を流している。

 6人が最初に手掛けたのは、樹木にカラフルな花が咲いている女性らしい作品。細かく切ったテープをちぎり絵の要領で一枚一枚貼り、約1カ月かけて仕上げた180センチ四方の力作だ。大きな樹木が会社、個性豊かに咲き競うカラフルな花が社員たちを表現しているという。

 現在は2作目「ライオン」を制作中。10色のテープを使いカラフルな色使いのライオンに仕上げる予定だ。1作目とは異なり、それぞれパーツごとにテープを切って貼り付けている。色のバランスを見ながら立体感を出す狙いがあるという。

 制作メンバーの1人、営業本部の女性は「アート制作は自分たちにとっても初めての挑戦。新しい発見も多かった。粘着テープの新たな可能性を知ってもらうきっかけになれば」とやりがいを口にする。

 完成したアート作品は今後、社外の人も外から鑑賞できるよう、同社敷地内の目立つ場所に掲示する方針という。