東北線駆ける『騎馬武者トレイン』 野馬追ラッピング特別車両

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
勇壮な騎馬武者の姿を車体に描いたラッピング列車の出発式=25日午後、JR原ノ町駅

 JR東日本水戸支社は25日、南相馬市原町区のJR原ノ町駅で、相双地方の夏を勇壮に彩る国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」の様子をラッピングした特別車両の出発式を行った。甲冑(かっちゅう)、陣羽織姿の関係者が、被災地復興支援の一環として昨年に続いての運行を祝った。

 特別車両は金色のボディーに躍動感あふれる相馬野馬追の甲冑競馬やお行列の様子を撮影した6種類の写真が施されている。2両編成の列車2本が、11月中旬まで常磐線の原ノ町―仙台間、東北線の新白河―一ノ関間、仙山線の仙台―山形間の計約370キロで運行、県内外に相馬野馬追をPRする。相馬野馬追は7月28~30日に行われる。