園児元気に「カワウソの絵描き歌」披露 アクアマリンふくしま

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
カワウソをかわいらしく描く園児たち

 30日の世界カワウソの日を前に、福島県いわき市小名浜のアクアマリンふくしまは、飼育員らの作ったカワウソの生態を反映させた絵描き歌「カワウソの絵描き歌」を発表した。25日、同施設で地元のわかぎ幼稚園の年長児33人が元気良く、絵描き歌を披露した。

 子どもたちにユーラシアカワウソの生態や絶滅の危機にさらされている現状を知ってもらおうと、飼育員の中村千穂さんらが2月に作った。歌詞は、カワウソのひげや水かきなどについて盛り込まれ、親しみやすい絵柄が完成するようになっている。

 園児たちは、伴奏に合わせて歌いながら、カワウソを描いた。園児(5)は「かわいく上手に描けた」と笑顔を見せた。

 園児たちがイラストを描く様子は、6月10日まで同施設の展示コーナー「カワウソのふち」で紹介されるほか、来館者が描ける場所も設けられる。