バル憂弥さんが迫力の特別公演 ファイヤーナイフダンス世界準V

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
世界2位を報告し演技を披露するバルさん

 米ハワイ州で開かれたファイヤーナイフダンス世界選手権でアジア人として初めて準優勝に輝いたスパリゾートハワイアンズのバル憂弥さん(24)が26日、いわき市の同施設のポリネシアンショーで報告会と特別公演を開き、ファンら来場者に受賞した迫力の動きを披露した。

 バルさんは、ファイヤーナイフダンスチーム「シバオラ」の一員。昼夜のショーで受賞を報告し、2位を示す長さ約1メートル30センチの銀色のナイフ型トロフィーを披露した。

 このうち、夜のショーでは、弟のムア史弥さん(21)らメンバー3人が登場し祝福。バルさんは「次は優勝を目指します」と力強く宣言した。

 ファイヤーナイフダンスショーでシバオラ4人が息の合った動きで来場者を魅了、さらにフラガールショーの中でバルさんがソロで踊りを披露した。