「Jクラスアスリート」30人発表 陸上・山下潤選手ら若手育成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県体協は28日、2020年東京五輪などに向けて若手選手を育成する「ふくしまJアスリート」のJクラスアスリートに30人、夢アスリートに65人、トップコーチに10人を指定し、発表した。

 Jクラスアスリートは日本代表を目標にしている実績のある21歳以上の本県出身・ゆかりのアスリートに、国際大会参加などに必要になる費用を補助する。

 夢アスリートは世界の舞台で活躍が期待される15~20歳のアスリートに、強化練習会などに必要になる費用を補助する。昨年度からの継続が35人、本年度新規が30人。