宇宙ステーションの金井さんと交信 31日に福島県出身の大学生ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している宇宙飛行士の金井宣茂さんが31日、福島県出身の大学生らと交信する。「科学技術と復興」をテーマに文部科学省が主催する。

 金井さんがいるISSの「きぼう」船内と東京・お台場の日本科学未来館を結ぶ。林芳正文科相、吉野正芳復興相(衆院福島5区)、館長で宇宙飛行士の毛利衛さんらが参加する予定。

 交信の様子は福島市の三河台小に中継され、児童や保護者が金井さんと大学生とのやりとりを見学する。

 吉野氏は29日の閣議後記者会見で「新しい産業を興すためには科学技術の力が必要だ。子どもたちが宇宙の科学技術に興味を持ってもらうことは、復興の人づくりに役立つ」と述べた。