「芝生の葉アート」できた! 郡山・河内小児童が挑戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成した「芝生の葉アート」

 県都市公園・緑化協会は29日、福島県郡山市の逢瀬公園中央広場で芝生を刈って模様を描く「芝生の葉アート」作りを行った。同市の河内小の児童が芝生の広場に大きなハートマークを浮かび上がらせた。

 子どもたちに自然と触れ合ってもらおうと実施し、今回で5回目。1、2年生13人が取り組んだ。

 児童たちは手動の芝刈り機を使ってハート型に張られたロープに沿って芝生を丁寧にカットした。ハートの中に「ラッキー」の文字をきれいに刈り取り、葉アートを完成させた。「ラッキー」の文字を考案した児童(2年)は「自分で考えた言葉が形になってうれしい。(出来栄えは)100点」と満足げに話した。

 同公園・緑化センター事務所によると「葉アート」は今後、職員が維持管理を行い、6月いっぱいまで観賞できるようにするという。