「みずウオークやないづ大会」2日スタート 新緑の柳津路歩く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新緑と只見川の景色を楽しむ「うつくしま・みずウオーク2018 赤べこの里・やないづ大会」は2日、柳津町の道の駅会津柳津を発着点に開かれる。実行委員会は1日、会場に看板やステージを設置し、参加者を迎える準備を整えた。同町と福島民友新聞社、読売新聞社、福島中央テレビ、県ウオーキング協会でつくる実行委の主催。

 12キロ、8キロ、4キロの3コースで、4キロは、観光名所などを説明する案内人と一緒に散策する「まなぶんコース」。只見川や福満虚空蔵菩薩円蔵寺などを巡り、歴史と文化が息づく柳津路を歩く。

 午前8時30分から受け付けが始まり、同9時15分から開会式が行われる。当日参加も受け付ける。