檜枝岐・燧ケ岳で「遭難」相次ぐ 登山の71歳男性が滑落重傷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 檜枝岐村の燧ケ岳で1、2の両日、遭難がそれぞれ1件あった。

 1日午後1時35分ごろ、登山中の福岡県、男性(71)から、「足をけがして動けない」と119番通報があった。1日は発見できなかったが、2日午前6時35分ごろ、県警ヘリが71歳男性を発見、救助した。南会津署によると、71歳男性は滑落し、左足首の骨を折る重傷。

 2日午前8時25分ごろ、茨城県、会社員、男性(38)から「山頂付近の雪渓で身動きができない」と119番通報。同日午前11時ごろ、県の防災ヘリが38歳男性を発見、救助した。38歳男性にけがはなかった。