「車麩ラスク」どうぞ! 西会津高生がSL乗客にPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
SLの乗客に車麩ラスクをPRする生徒たち

 「SLばんえつ物語」(C57)の運行に合わせ、西会津高の西高魅力発信隊は2日、西会津町のJR野沢駅で、同隊が考案した同町特産品「車麩(ふ)」を加工したオリジナルラスクを販売した。

 同隊が駅で販売、PRをするのは2年ぶり。SL運行日の毎週末、同駅で同町特産品を販売する道の駅にしあいづの鎌倉明雄駅長らと一緒に、同隊の生徒8人が参加した。

 駅ホームにSLが到着すると、生徒らはパンフレットを配りながら「私たちが作った車麩ラスクをぜひ」と乗客に呼び掛け「西会津にも観光に来てください」とPRした。

 乗客が次々とラスクを購入し、5分ほどで完売した。SLが出発すると、生徒らは手を振って乗客を見送った。

 同校3年で同隊の武藤怜華部長は「『ラスク買ったよ』と声を掛けてくれる人もいてうれしかった。今後も多くの人に魅力を伝えたい」と話した。