中学生と東京芸大生が共演 伊達で合同演奏会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
伊達市で開かれた合同演奏会

 伊達市内6中学校の吹奏楽部でつくる伊達ジュニアウィンドオーケストラと東京芸大ウィンドオーケストラによる第7回合同演奏会が3日までに、同市の保原体育館で開かれた。市吹奏楽きらめき事業、市教委の主催、福島民友新聞社などの後援。

 伊達、梁川、松陽、桃陵、霊山、月舘の6中学校の吹奏楽部と同大オーケストラが出演。

 伊達小や保原高の吹奏楽部、梁川高音楽部、聖光学院高ブラスバンド部、梁川交響吹奏楽団が友情出演し、市楽友協会が賛助出演した。

 合同ステージでは、復興支援ソング「花は咲く」や伊達市歌を演奏した。