岩石に見立てた「揚げむすび」が話題 道の駅「安達」上り線

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
揚げむすび「安達太良山の岩石」

 二本松市振興公社が運営する道の駅「安達」上り線の「のぼり食堂」で、店頭に並ぶ揚げむすび「安達太良山の岩石」が利用者らの目を引いている。

 味付けをした鶏肉のミンチに二本松産のゴボウ入りの揚げおにぎりで、溶岩に見立てた小梅が入っている。店の窓から安達太良山を眺めることができることから、見た目はまるで登山道にある石ころのようなオリジナル商品を完成させた。

 同社スタッフは「ドライブや登山の疲れも吹っ飛ぶようなおいしさです」と売り出している。