フレ~フレ~飯中!最後の中体連『頑張れ』 3部活廃部で教職員

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生徒の健闘を祈り応援する教職員ら

 飯舘中は5日、飯舘村の同校で県中学校体育大会相双地区予選大会に向けた決起集会を開いた。同校では生徒数減少などで三つの部活の廃部が決まっており、教職員らによる特別応援団が生徒の最後の奮闘を願ってエールを送った。

 同校はこれまで、同大会の前に壮行会を開いていたが、今春の村内での学校再開に伴い生徒の大半がスクールバスで登下校し、練習時間が限られていることから今年は取りやめた。

 ただ、生徒数の減少で同大会を最後に卓球、ソフトテニス、バスケットボールの3部活が廃部し、バドミントン部に統合されることから、教職員が決起集会を企画した。

 決起集会では、各部活の部長らが「最後まで走りきり1勝を狙う」「悔いのないプレーをする」と決意表明。佐々木徹教頭が「飯舘魂で戦い抜いて」と激励し、教職員応援団が生徒約40人を前に「フレーフレー飯中!」と生徒の背中を押した。