地下水「排水作業」7日にも着手へ 内堀知事が地滑り現場視察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
担当者から地滑りの状況などを聞く内堀知事(左)=5日午後、喜多方市高郷町

 県は、7日にも喜多方市高郷町揚津(あがつ)地区の県道新郷荻野停車場線周辺で発生した地滑りの原因の一つと考えられる現場の地下水の排水工事に着手する。5日、現場を視察した内堀雅雄知事が明らかにした。

 県によると、地下水を抜く工事は緊急的な処置として穴を掘り、ポンプで水をくみ上げる。6日からはボーリングによる本格的な調査にも入る方針で、県は調査結果を踏まえてより具体的な対策を検討する。