国内外ライダー交流 二本松・エビスサーキットで耐久レース挑む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
交流レースを楽しんだライダー

 日本と香港、マカオのライダーが集まった交流モーターサイクルレースが5、6の両日、二本松市のエビスサーキットで開かれた。

 ライダー同士の交流と、観光による本県の復興支援を目的に、全日本モーターサイクルクラブ連盟などが主催。現役、引退したライダーを含め約60人が参加した。

 5日はコースで練習を行い、土湯温泉で宿泊するなど観光を楽しんだ。6日には3人一組のチームで40分耐久レースに挑んだ。

 香港から参加したロジャーカクさん(57)は「のびのび走れてみんな喜んでいる。食べ物はおいしいし、景色もいい」と笑顔を見せた。