西郷の魅力満載 農産物産館「まるごと西郷館」9日オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
9日にオープンする農産物産館「まるごと西郷館」

 西郷村の農産物産館「まるごと西郷館」が9日、同村熊倉の国道289号沿いにオープンする。午前8時30分からオープニングイベントが行われ、ステージショーや餅まきなどで盛り上げる。

 同館は西郷村農業公社が運営。村産品のブランド力向上や、女性やシニア世代の活躍の場と地域活力の創出などを基本理念に企画、整備された。

 取れたての地元産野菜などを販売する「ニシゴーヌのやおやさん」のほか、地元の家庭料理など提供する「和来亭西郷館」が入居し、おこわや煮付けを中心とした「西郷丼」、西郷産低温殺菌牛乳を使用したソフトクリーム、「ポテトまんじゅう」などこだわりの商品を販売する。

 同館は一部で白河石を使用した木造平屋建て(延べ床面積349平方メートル)で敷地面積7469平方メートル。駐車場は大型バス7台を含む、63台が駐車できる広さを確保した。営業日に余った野菜はフードバンクを通じて、地元の子ども食堂などに提供するという。同館の東宮清章館長は「西郷の魅力が詰まっている。多くの人に来場してほしい」と話し、「道の駅」に発展させたいとしている。7日には関係者を集めた内覧会が開かれた。

 営業時間は午前9時~午後6時。毎月第3火曜日定休。白河インターチェンジから車で10分。問い合わせは同館へ。