「ユニット折り紙」体験 色水さんが講師、郡山ワークショップ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
色水さん(右)から指導を受けながら、ユニット折り紙作品を作る参加者

 郡山市の折り紙作家色水風介さんが講師を務める「ユニット折り紙ワークショップ」は8日、郡山市富久山町の岩瀬書店富久山店プラスゲオで始まった。来場者が色鮮やかな折り紙を使って、作品作りを楽しんでいる。10日まで。

 ユニット折り紙は、同じ形に折ったパーツ(ユニット)同士を組み合わせて作った、くす玉や多面体などの作品。幾何学的な造形の美しさが特徴で、飾り物としても活用できる。

 ワークショップでは、初心者と中級者コースに分かれて作品を制作している。色水さんは「手を動かしながら、折り紙の魅力に触れてもらえれば」と話している。

 時間は午前10時~正午、午後1時~同6時。初心者コースは300円、中級者コースは500円。問い合わせは色水さん(電話080・9070・6654)へ。