「菊むすめ」4人決まる! 二本松の菊人形『魅力』全国発信へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
菊むすめに選ばれた(左から)溝井さん、斎藤さん、佐藤さん、国分さん

 二本松市の霞ケ城公園で秋に開かれる菊の祭典「二本松の菊人形」を全国にPRする「菊むすめ」の選考会が9日、同市で開かれ、4人が選ばれた。4人は全国を巡り各種イベントなどで菊人形など二本松の魅力を発信、菊人形開催期間中は案内役を務める。

 選ばれたのはいずれも二本松市でアルバイトの溝井茜梨(あかり)さん(22)と斎藤美咲さん(25)、佐藤真莉子さん(28)、学生の国分ゆうかさん(18)。9人が選考会に臨み、応募の動機や趣味、意気込みなどを交え自己PRした。審査員長で二本松菊栄会長の三保恵一市長らが審査した。表彰式では、4人にたすきや選任書、トロフィーが贈られた。

 今年の第64回二本松の菊人形は「戊辰150年~信義×二本松少年隊~」をテーマに、10月10日~11月25日に開催される。