皇后さま「発熱」も全日程こなす 陛下の皇后さま気遣うお姿も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 宮内庁によると、10日夜から発熱の症状があった皇后さまについては、11日朝の公務開始直前まで日程変更が検討された。

 皇后さまは10日夜から発熱。11日早朝には38.1度の熱があったが、最後まで公務を務められた。陛下が皇后さまを気遣うように腰に手を当て、お二人で階段を上る姿も見られた。

 最終的に全ての日程を予定通りこなされたが、宮内庁は皇后さまについて「顔色から体調が厳しいことが拝察され、迷惑を掛けないように日程をこなしていた様子だった」とのコメントを出した。