小3男子がはねられ重傷 相馬の市道で直進していた軽乗用車に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 12日午後4時5分ごろ、相馬市の市道で、同市の小学3年生の男子児童(9)が同市、主婦、女性(44)の軽乗用車にはねられた。男児は右足の骨を折る重傷。相馬署が原因を調べている。

 同署によると、直進していた女性の軽乗用車が、道路左側から出た男児をはねたとみられる。