昭和の名車ずらり 福島で愛好家ら交流、サーキットも走行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
懐かしい車が並んだ展示コーナー

 懐かしの車が集う「FUKUSHIMAタイムトンネルフェスタ」は10日、福島市大笹生のリンクサーキットで開かれた。

 愛好家らが自慢の車を持ち寄って交流するイベントで、今年で2回目。会場には昭和の国産車や外車など約50台が並んだ。訪れた人はオーナーの解説を聞きながら、車の外観やエンジンルームを眺めたり写真を撮ったりしていた。

 サーキット走行やドリフトデモ走行、音楽ライブなども行われ、大勢の来場者でにぎわった。