男性信組職員が295万円着服「懲戒解雇」 借金返済などに流用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 相双五城信用組合(相馬市)の男性職員(28)が顧客の定期積金の掛け金計295万円を着服、流用していたことが13日、分かった。男性は1月12日付で懲戒解雇処分となった。同信組は男性が全額を弁済したため刑事告訴しない方針。

 同信組によると、男性は2016(平成28)年9月から17年12月にかけ、担当する顧客から集金した掛け金を延べ104回にわたり納入せず、着服した。借入金の返済や携帯電話料金の支払い、遊興費などに流用していたという。

 昨年12月11日、男性が担当する顧客が集金を受けたにもかかわらず、入金案内の通知が届いたことから発覚した。男性は着服金などを使い月末に穴埋めを繰り返していたとみられ、発覚時は38万5000円が未納だった。同信組は昨年12月20日までに被害額を顧客に全額弁済した。

 同信組によると、常勤役員5人の役員報酬を今年1月から3カ月減額、男性の上司ら3人も処分したという。同信組は「不祥事を厳粛に受け止め入金確認など再発防止策を徹底し、信頼回復に努めたい」とした。