乗客数伸び悩む新型特急「リバティ会津」 浅草-会津田島間運行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津鉄道(会津若松市、大石直社長)は13日、昨年4月21日から浅草(東京都)―会津鉄道会津田島(南会津町)を直通運行している東武鉄道の新型特急「リバティ会津」の乗客数が、4月は昨年同月比75.7%、5月は74.2%にとどまったと明らかにした。

 会津鉄道によると、リバティ会津の乗客数で運行開始直後の昨年4月は2782人だったが、今年は2107人。昨年5月は7058人だったが、今年は5234人だった。

 大石社長は「浅草―会津田島間を3時間以内、浅草―会津若松間を4時間以内で結ぶことが必要ではないか」とし、東武鉄道のダイヤ改正に合わせ、利便性向上が図られるよう要望する考えを示した。ダイヤ改正は2020年が想定されるという。

 会津鉄道が13日開いた株主総会と取締役会では、2017(平成29)年度決算などを承認。輸送人員は1万5720人(3.0%)増、鉄道事業収入は5132万円(14.0%)増となった一方、軽油単価の上昇による燃料費増、除雪費増などで3034万円の純損失となった。