「漫画の神様」手塚治虫生誕90周年記念号 ラッピングバスリニューアル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生誕90周年記念の文字やスタンプラリーの開催期間が入ったラッピングバス

 「漫画の神様」とも称された手塚治虫の漫画キャラクターをあしらった会津乗合自動車(会津バス、会津若松市)のラッピングバスが「手塚治虫生誕90周年記念号」としてリニューアルし、14日までに高速バス会津若松~新宿線で運行を開始した。

 ブラック・ジャックや鉄腕アトム、ヒゲオヤジ、リボンの騎士などが描かれたラッピングバスは、会津17市町村でつくる「極上の会津プロジェクト協議会」(会長・室井照平会津若松市長)が、手塚治虫の漫画家デビュー70周年に合わせて2016(平成28)年から運行している。手塚漫画に登場するキャラクター17体のほか、鶴ケ城や磐梯山も描かれている。

 今回は手塚プロダクションの協賛を得て、「生誕90周年記念」の文字や10月から来年1月にかけて会津で開催されるキャラクタースタンプラリーの開催期間も入れた。ラッピングバスは若松駅前バスターミナル発火曜日午前10時30分発、水曜日同11時30分発、木曜日同7時30分発、金曜日同6時30分発、土曜日同5時発の便で運行予定。