EXILE・TAKAHIROさん、富岡での映画ロケ「胸に迫る」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
富岡町での撮影について話すTAKAHIROさん

 全スクリーンに最新鋭のレーザーシネマ・プロジェクターを採用した「ポレポレシネマズいわき小名浜」。オープンを記念したトークショーが15日、同館で開かれ、オムニバス映画「ウタモノガタリ」(22日公開)の一編「カナリア」に主演するEXILEのTAKAHIROさんと松永大司監督が舞台あいさつに登場した。

 同作は撮影の一部が富岡町で行われており、TAKAHIROさんは「震災の爪痕が残る場所での撮影は胸に迫るものがあった」と振り返った。

 「カナリア」は、牧場で牛の世話を手伝う青年が、どこにもはき出せない感情や自身の環境と向き合う物語。東日本大震災をテーマにしており、福島県が物語の舞台になっている。