「乳幼児」健やかな成長支える看護師 郡山・希望ケ丘こども園

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちの成長を見守る渡辺さん(左)

 郡山市の希望ケ丘こども園に3月から、同市の看護師渡辺香さん(51)が勤務している。病院や小学校の養護教諭としての経験を生かし、乳幼児の健やかな成長を支えている。

 子どもたちの健康管理や園全体の衛生管理などに対応する看護師が必要だとして、同園から依頼を受け勤務を始めた。週5日勤務し、子どもたちが楽しく安全に園生活を送れるよう、環境整備に努めている。

 「日々、子どもたちが成長する姿を見られる素晴らしさを実感している」。渡辺さんが0歳児など乳児の保育に携わるのは初めてだという。「保育は医療の現場とは違う。保育士さんたちの手も借りて、試行錯誤しながら仕事に当たっている」と語る。

 相楽悦子園長は「乳児を受け入れるようになり、手厚い保育環境づくりが必要だった。専門知識を持つ渡辺さんの存在が先生たちや保護者の安心につながる」と話す。