東北建築賞作品賞を受賞 二本松の城山市民プール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
二本松市城山市民プールの館内

 二本松市城山市民プール(二本松しんきん城山プール)が17日までに、日本建築学会東北支部の第38回東北建築賞作品賞を受賞した。

 設計監理・施工業者らが市役所を訪れ、三保恵一市長や丹野学教育長らに受賞を報告した。

 同施設は震災や原発事故で子どもたちの屋外活動が制限されたことを踏まえ、市民らが安全・安心に健康増進を図れるようにと整備され昨春に完成。高低差のある敷地形状を生かした空間構成で、木架構の可能性を広げた。

 プール空間の空気流動計画と積極的な空調で結露を防ぐなど、地域固有の建築屋内環境上の課題を解決した完成度の高い建築として高い評価を受けた。

 今回は東北6県から小規模建築物と一般建築物、その他の建設の3部門に計36点の応募があり、作品賞4点、特別賞1点が選ばれた。