父の日に猪苗代の自然『体感』 ノルディック・ウォーキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ホテルリステル猪苗代を発着点に、新緑もえる猪苗代の自然を満喫した参加者

 猪苗代町の自然を歩いて体感するイベント「第8回猪苗代ノルディック・ウォーキング大会~父の日は家族みんなで歩こう!」は17日、同町で開かれた。参加者が猪苗代湖や磐梯山の眺めを楽しみ、心地よい汗を流した。

 猪苗代青年会議所(JC)の主催、福島民友新聞社などの後援。気軽にできるポールを使ったウオーキングで猪苗代の名所を紹介する企画として、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の風評払拭(ふっしょく)のため開催している。今回は猪苗代湖の天神浜や志田浜を歩く17、12、3キロの各コースに過去最多の約360人が参加した。

 ホテルリステル猪苗代で開会式を行い、渡部一登同JC理事長が主催者あいさつ、渡部彰啓町商工観光課長が歓迎の言葉を述べた。スタートした参加者は、猪苗代ハーブ園に咲くポピーなどを眺め、猪苗代湖や磐梯山の姿を見ながら、元気にウオーキングを楽しんだ。