「デコトラ」被災地支援 いわき、災害公営住宅に10台

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会場に展示された「一番星号」

 トラックドライバーで組織する全国哥麿(うたまろ)会などによる東日本大震災の被災地支援イベントが17日、いわき市にある災害公営住宅「豊間団地」で開かれた。

 個性豊かなペイントが施された「デコトラ」が登場し、注目を集めた。

 同会は、1970年代に大ヒットした映画「トラック野郎」で、劇中に登場するデコトラを提供した団体。震災直後から継続して本県と宮城、岩手両県で約40回の支援イベントを開催してきた。

福島県では各地で10回以上、イベントを開いているという。

 故菅原文太さんが演じた星桃次郎の愛車「一番星号」など約10台が展示され、訪れた人たちが懐かしみながら記念撮影した。

 また、関東などから駆け付けたドライバー約50人が焼きそばや豚汁などを振る舞い、住民は映画そのままの"トラック野郎"の人情味に触れ、イベントを楽しんでいた。