水質調査結果や写真展示 郡山南川ホタル愛光会が祭り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
南川ホタル愛光会の活動や南川の現状を紹介したブース

 郡山市の南川の環境保全活動に取り組む郡山南川ホタル愛光会は16日、同市の久留米地域公民館で「ほたる祭」を開き、地域住民が幻想的なホタルの光に見入った。

 同地区の自然環境の魅力を伝えようと毎年開いている。来場者が蚊帳の中に放たれたホタルの様子や、水槽の中で泳ぐドジョウやトンボの幼虫を観察した。

 ザリガニに触れることができるコーナーも設けられ、子どもたちが手でつかんではさみの形や動きを見て楽しんでいた。

 同会の活動を紹介するコーナーでは、南川の水質調査の結果や生息する生物に関する展示が行われた。来場者は実際の写真などを通して、自然環境の魅力や大切さを実感していた。

 同会は地域の環境保全に尽力したとして、本年度の県の「うつくしま、ふくしま。環境顕彰」を受賞した。