北塩原に自然体験施設 7月「裏磐梯ウォーターパーク」オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ウェイクサーフィンなどが楽しめるウォーターパーク

 裏磐梯の水辺の自然を楽しむ体験施設「裏磐梯ウォーターパーク」は7月14日、北塩原村桧原字簗部沢山に本格オープンする。キャンプ・バーベキューのエリアと水遊びの小野川湖エリアで新たな誘客の掘り起こしを狙う。

 同施設は同村でアウトドア体験を紹介する企業「ナチュラルビズ」がキャンプ場跡地とカヌーの発着場を活用して運営する。家族連れや教育旅行、夏休みの子ども会旅行など団体を一度に約200人まで受け入れできる。近隣ホテルと連携したプランを設け、予約制のバスも運行する。

 グラウンドエリアでは、約450グラムのカナダ牛ステーキを焼けるバーベキュー専用のガスグリルなどを設置。小野川湖ではカヤックやボートも貸し出す。プレジャーボートによるウェイクサーフィンやクルーズも楽しめる。小型無人機(ドローン)で撮影の体験もできる。

 同社の池田睦宏社長は「水辺の遊びと食の両方をしっかり楽しめる施設は県内になかった。夏休みに体験してほしい」と話している。