会津美里・伊佐須美神社でクマ目撃 麻酔銃で捕獲後、山中に...

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 19日午前7時25分ごろ、会津美里町宮林で、車で通勤途中の男性が宮川河川敷から伊佐須美神社の境内に入るクマ1頭を目撃したとして、会津若松署会津美里分庁舎に通報した。町職員や同署員、町鳥獣被害対策実施隊などが駆け付け、約10時間後の午後5時30分ごろ、神社境内にいたクマを麻酔銃で捕獲した。けが人はいなかった。

 付近では12、13の両日、宮川河川敷でクマの目撃が相次いでいた。同分庁舎によるとクマの体長は約1メートル。町によると、クマを麻酔銃で撃った後、ロープを掛けてわなに入れ、軽トラックで山中に戻したという。

 同神社内のあやめ苑では「あやめ祭り」を開催中。クマ目撃を受け町や同署などは19日午後に緊急の対策会議を開き、一時は交通規制なども検討したが、捕獲を受け、祭りを通常通り開催することを確認した。