海外研修員9人に修了証書 JICA、郡山の企業で知識取得

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
三村次長から修了証書を受ける研修員(右)

 郡山市山崎の医療関連機材販売、東北エア・ウォーター福島支店メディサン事業部での研修に臨んだ国際協力機構(JICA)の海外技術研修員9人は19日、医療機材管理・保守コースの研修を終えた。同日、同社で行われた閉講式・送別会に参加し、母国での活躍を誓った。

 9人はブータン、カンボジア、キリバス、ミャンマーなどの出身。4月12日から、医療機材の調達システムや保守管理の知識、技術の習得に向けて研修を積んだ。

 三村悟JICA東北支部次長、同事業部の大内学部長・研修所長が修了証書を手渡した。研修員のキン・ピョー・ウェイさん(ミャンマー)は「日本で学んだことは心に残るものばかり。一生忘れない」と謝辞を述べた。