加藤新社長が正式就任 福島銀行が株主総会・取締役会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島銀行は21日、福島市で株主総会と取締役会を開き、元東邦銀行専務の加藤容啓(たかひろ)氏(61)の社長就任が正式に決まった。

 2012(平成24)年4月から社長を務めた森川英治氏(62)は18年3月期の赤字決算の責任を取り、退任した。

 株主総会には201人が出席。森川社長が冒頭で「私の力不足から赤字決算となり、無配を提案することを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 決算の報告や加藤氏らを取締役候補者とする議案の提案後、質疑応答で株主3人が質問。このうち、女性は「なぜトップが東邦銀行から来るのか。とてもショックだ」と投げ掛け、森川社長は「銀行ではなく、あくまで個人の能力や実績、手腕を考えて人選した。理解していただきたい」と答えた。約50分で終了した。

 久能敏光常務業務本部長(61)、高野俊哉取締役営業本部長(60)も退任した。

役員の担当業務など次の通り。

 ◇取締役 ▽社長・経営全般・監査部担当=加藤容啓(新任)▽取締役企画本部長=佐藤明則▽取締役事務本部長=箭内貴志▽取締役業務本部長・審査部長・与信統括部長=佐藤俊彦(新任)▽社外取締役=纐纈晃、川手晃、二瓶由美子

 ◇執行役員 ▽常務執行役員営業本部長=宮下恵洋(新任)▽執行役員郡山営業部長=横山利幸▽執行役員本店営業部長=渡辺敦雄▽執行役員営業本部副本部長=鈴木岳伯(新任)