東北新幹線、ブレーキ不具合で遅れ 福島-白石蔵王間を走行中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 22日午前11時40分ごろ、東京駅発仙台行き東北新幹線やまびこ133号(10両編成)が福島―白石蔵王間を走行中、運転席にあるモニターのブレーキ表示が消える不具合が発生したため、緊急停車した。けが人はいなかった。

 JR東日本によると、運転士により安全を確保できたため運転を再開。25分遅れ、約330人に影響した。