力強く復興エール 東京六大学応援団が「白河六旗」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本県への熱い応援が披露された白河六旗

 東京六大学応援団連盟による「白河六旗」は23日、白河市の白河文化交流館コミネスで開かれ、各大学が伝統の力強い応援を披露した。同連盟と実行委の主催。

 震災と原発事故からの復興や風評払拭(ふっしょく)に向けてエールを送ろうと2012(平成24)年に初めて開かれ、今回で5度目の開催。東京、早稲田、立教、法政、慶応義塾、明治の各大学の応援団が出演した。

 各応援団はチアリーダーらと共に、校歌や応援歌など、熱い応援を披露。観衆は掛け声を掛けたり、手拍子したりしながら、学生たちによる本県へのエールを受け取った。