室屋義秀選手、1回戦で失格 エアレース・第4戦ブダペスト大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 レース専用飛行機の国際大会「レッドブル・エアレース・チャンピオンシップ」の今季第4戦ブダペスト大会は24日、ハンガリーのブダペストで決勝ラウンドが行われた。

 昨季年間総合王者の室屋義秀(45)=福島市=は1回戦、オーバーG(重力加速度の規定超過)で失格となり、敗退した。獲得ポイントは0で、今季全8戦のポイントで争う年間総合順位は5位に下がった。優勝はマルティン・ソンカ(チェコ)。

 予選2位の室屋は1回戦でマイケル・グーリアン(米国)と対戦。グーリアンの後に飛んだ室屋は、第7ゲートの垂直ターンで重力加速度の規定12Gを超え、失格となった。第5戦は8月25、26の両日に、ロシアのカザンで行われる。